amazon

2014年12月26日金曜日

充実した人生を送るための言葉達!

人生を今より楽しく充実させるための言葉です。是非とも一度ご覧ください。


・現代の話
-なんでもできる現代だが楽しみ方はその人次第である。
-あらゆることを楽しむことは人間だけの醍醐味である。
-仕事が機械化しているが、適度な運動を忘れるな。

・気持ちの話
-物事は見方によってポジティブにもネガティブにもなる。
-何事もきの持ちようで楽しさが変わる。
-人の欠点はその人の特性であり、欠点でも見方によればよく見える。

・性格の話
-元々の人間には明るいや暗いといった性格はない。その人の気持ち次第である。
-性格は不変の部分と可変の部分がある。可変はその人次第で変えることができる。
-人生を成功させるのも失敗させるのも自分次第である。

・ポジティブの話
-ポジティブを表に出すことで周りとの衝突も避けれるし、いい関係を築ける。
-考えるより行動。好奇心があればなんでも挑戦することができる。
-またには自分自身を客観的に評価してみよう。以外な欠点が見つかる。

・ネガティブの話
-常に前を向いて試練に立ち向かおう。ネガティブは自分の気持ちも暗くする。
-欲は小さくしよう、欲が大きすぎると人に迷惑をかけるし、理想が遠くて失望することになる。
-目標は低く、徐々に上げていこう。そうすることでゆとりや柔軟性が生まれる。

・物の話
-無駄に物が多すぎる時代だから、欲に振り回されずにシンプルライフに切り替えよう。
-やり方次第で、物に振り回されなくても楽しい生活を送れるはず。
-たとえ裕福になっても本当の幸せがなければ意味がない。

・物の見方の話
-物は見る角度によって色々と変化する。感じ方は人それぞれである。
-工夫や気持ち次第では一回した経験でも楽しくなるし、いろんな感動がある。

・競争の話
-相手を羨ましがったって仕方がない。自分は自分である。
-何の事柄についても相手と競る必要はない。競ると人間関係が壊れる。
-人は人、自分は自分と思い、マイペースにいこう。

・感動の話
-毎日純粋な気持ちを持ち、些細なことでも感動することで感情が揺さぶられる。
-事前に相手のことを思って支度することで、相手を感動させることができる。

・死の話
-多くの欲がある現代では、死を受け入れられない人が増えている。人はいつか死ぬもの。
-子供に人が死ぬ機会を見せてやることは教育上大切である。別れがあるから出会いの重要さがわかる。
-人の死はどうしようもできないが、その人の死を乗り越えてその人の分まで精一杯生きよう。

・笑いの話
-笑うことは、最も簡単な成功法である。笑いを増やそう。
-苛立つことがあっても笑ってやり過ごすことで小さな事で怒らなくなる。
-笑うことは脳の活動を高めることもあるし、笑うことで周りの空気も朗らかになる。

・悪い感情の話
-極力ネガティブ発言をはなくし、紙に書いたり、胸にしまっておこう。
-ネガティブなことを後で思い返すと案外どうでもいいことだったりする。

・現代の一体感の話
-現代の家庭も会社も一体感がないことが問題である。コミュニケーションを増やそう。
-現代人はプライベート中心が多い為、他の大事なことに気付きにくい。
-今後は一致団結が必要な時代が来る。仲間と協力し合おう。

・褒めることの大切さの話
-他人の悪口は相手も自分も不快にするし、裏切られるかわからないという不安にさせる。
-人を育てたいなら無駄な叱りを省き、褒めることに変えてみよう。
-褒められた方はやる気が上がるし、褒められて嫌がる人は誰もいない。

・気持ちの決定権の話
-単純に嫌いだから性格が悪いとか決めつけるのはよくない。誰にも必ず良い面がある。
-好き嫌いを善悪や価値観の低い高いに決めることはやめよう。
-人や物など、なんでもいいので興味を持てばそれといい関係が築ける。

・コミュニケーションの話
-自分の意思を持ち、はっきりイエスやノーを言えることでいさぎよい人間になれる。
-人の印象は物の内容ではなく、それを説明する能力や身振りで聞く側の感じ方が変わってくる。
-何事も自分に自信を持って挑戦する勇気が必要である。気持ち次第でなんとでもなる。

・印象の話
-人に第一印象を与えるのは姿勢や容姿の外見が多くを占める。鏡で自分を見てみよう。
-一度素の自分を見れば、相手から見た印象を見直すことができる。
-人は仕草や行動で外見の印象を変えることができる。相手の身になって自分をみよう。

・家族との接し方の話
-現代の親は動物の親の育て方のように、子を突き放す勇気が必要である。
-いくら家族といえどプライベートは尊敬するべきである。入り込むと人間関係が崩れることもある。
-たまには家族でも感謝の気持ちを伝えよう。伝えられるうちは幸せである。

・周りの人の話
-人間は一人では生きていけない。お互いが助け合って生きて行く。
-いくら苦しくて辛い環境でも孤独を感じなければ一人よりも幸せを感じれる。
-何もしてくれなくても人がそばにいるだけで自分のメンタルを助けてくれている。

・友の話
-友人が多ければ、いろんなことに気づかせてくれるし、面白く豊かな生活を送れる。
-宝があるより友がいる方が素晴らしい。人脈は買えない。

・真の友の話
-出会いサイトや合コンで本当の友達を増やすことは難しい。
-目的や趣味が合う人がいれば長く付き合っていける親友ができる。
-人間は自分から扉を開く人と他人を内側に入れないとする人に分かれる。

・人との対立の話
-喧嘩することは相手をそれほど大事に思っているからである。
-相手を怒るのはそれだけ相手を許し、様々な思いを託しているからである。
-詫びを入れるのは少しだけで十分、やりすぎると相手を不快にさせることもある。

・対応力の話
-小さいことですぐに怒ったり、対応力がない子供の増加の原因は愛情の少なさである。
-指示どうりにしか動かない人間が増加している。臨機応変に対応できる人間になろう。

・問題解決の話
-トラブルはマイナスに考えないで楽しもう。解決できなければ次に進めばいいだけである。
-なにもトラブルがない人生は退屈で、多少のトラブルは自分を生き生きさせてくれる。
-どんな状況でも楽しもう。初めから成功イメージを作っておくと気持ちが上がる。

・向上心の話
-安全志向な現代人は失敗を恐れて挑戦しない人が多い。
-人間は失敗からステップアップする。失敗したらその対策をすればいいだけのことである。
-何回でも失敗しよう。その度に経験値が上がる。

・クレームの話
-いかなるクレームに対しても真剣に対応し、物を用意するだけでなく気持ちの謝罪をしよう。
-真剣に対応すれば誰でも気持ちは伝わる。
-クレームをくれる人は、自分の会社の改善を求めてくれている応援者である。

・失敗の話
-どんな小さなことでも子供に挑戦させよう。なんでも親がやってしまうのは良くない。
-子供は失敗して学ぶ、そして一人前になる。
-無駄な失敗なんてない。失敗を次のステップに持っていけば失敗でなくなる。

・過去の話
-たとえ過去に辛いことがあっても過去は過去。へっちゃらと前を向ける強さを持とう。
-今抱えている問題なんて将来の自分から見たら大したことない。
-過去を反省しても仕方ない 悩んでも時間の無駄である。明日はまた来るさ。

・精神力の話
-辛い経験をして初めてその人の目線になれる。相手の気持ちがわかるといろんな人に感謝できる。
-たまには自分を褒めてあげよう。気持ちが楽になるはず。

・病気の話
-病気になることで当たり前に感謝することができるし、その病気の苦しみがわかる。
-たとえ病を携わっても様々な面で活躍している人がいる。
-気持ち次第で病気が治ることもある。強い気持ちを持とう。

・判断の話
-とっさの判断で思いがけない利益と損の分かれ道がある。ひらめきを大事にしよう。
-たとえ焦っていてもしっかりとした判断が必要な時もある。場合によってはそれが生死の分かれ道にもなる。

・才能の話
-どんな小さな空想でもそこから大きな発見がある。
-自分が不得意であろう分野にも手をつけることで、秘めている意外な才能に気づくことがある。
-何でもやってみると面白い。やらず嫌いは新しい経験を得られず損している。

・潜在意識の話
-輝く原石を探そうとしたらその人の潜在意識を出さないといけない。
-新しい原石を輝かせるにはじっと見守ることが一番大切である。
-誰も自分を評価してくれなければ自分で道や環境を作ってみよう。

・野心の話
-何事にもはっきりした目標を立てて、大きなことにチャレンジしよう。
-夢に向かっていく努力は周りのいろんな人に影響を与えるだろう。
-たとえ批判する人がいても、それを押しのけられる強い意志を持とう。

・困難の話
-困難を乗り越えて人間は味が出る。何も困難がない人生なんて味気がない。
-相手を羨ましく思ってもそれは幻想であり、人を妬むくらいなら追いつけ追い越せ。

・コントロールの話
-自分の欲求を抑制しよう。理想が高すぎてうまくいかないこともある。
-何でも疑問ち追求していくことが新しい発見につながる。

・仕事の考え方の話
-愚痴を言っている間はその仕事の面白さには気付いていない。もう少し続けてみよう。
-偏差値が高い低いよりも個性の人格の方が重要である。
-自信過剰にならず、健気に頑張れば誰も突き放すことなく構ってくれる。

・気力の話
-たとえ望まれない環境や思い通りにいかなくても諦めなければ夢は叶う。
-物事の始めのやる気がないと何も始まらない。スタートは大事である。
-希望と夢を持たないとくだらない人生を送ることになってしまう。

・仕事の深みの話
-仕事は深みを感じれるところまで頑張ってから初めて楽しく感じる。それまでは我慢。
-同じ人間。あなたにできない訳がない。忙しくて時間がないというのは言い訳である。

・ビジネステクニックの話
-対人関係は熱意を持って対応すれば相手の心を打ち良い関係を築ける。
-たまには思い切った行動をすることで成功に近づくきっかけになる。世間体なんて気にすることはない。
-今まで人が手がけたことないことだからこそチャンスがある。

・諦めないことの話
-出来ないと思っても、少しでも可能性があれば挑戦する。あきらめないことが大事である。
-辛い時を乗り越えれば意外と成功はすぐ前にあるものである。
-どんな状況に置かれても落ち着いて状況を考えよう。見逃していることに気付くことがある。

・行動力の話
-好奇心があればいろんな経験ができる。直感のままに動いてみよう。
-感受性の高い人間になろう。いろいろなことに興味を持ち感動しよう。

・知らないことの話
-知らないことを聞けるのはいい機会である。相手の話を柔軟な態度で対応しよう。
-多くの人と接する内にいろんなアイデアが浮かんでくる。いろんな時に対応できる知識が身につく。

・支援の話
-少しの支援でも集まれば大きな支援になる。小さくてもいいから今できることをしていこう。
-人の為に使うお金は買えないものを得られるし、自分自身も幸せになれる。

・ファッションの話
-緊張感もないファッション生活は素っ気ない。おしゃれはその人を表す鏡である。
-ファッションは遊び心で人とは違った個性を見せることができる。普段とは違う自分をアピールしよう。
-いつも同じ服ではなく、生活に合わせて着せ替えよう。身だしなみを整えることで自分の気持ちも上がる。

・年齢の話
-年寄りが若者より劣っていることはない。若者はエネルギーがあるが、老人は知恵や広い視野がある。
-若さは自分の気持ちと比例する。気持ち次第でいくらでも若くいれる。挑戦に年齢は関係ない。

・感謝の話
-どんな小さなことでも感謝を伝えよう。感情を込めて伝えると必ず伝わる。
-しっかりした人は自分が思ってるよりも働いてくれる。謙虚な気持ちで人に対応しよう。
-トラブルもありがとうの一言で許されることもある。純な感謝の気持ちは相手の気持ちを柔らかくさせる。

・褒めることの話
-日本人はもう少し褒め合うことがあってもいい。褒めることを恥ずかしがることなんて必要ない。
-小さなことでも褒めることで相手をリラックスさせることができる。

・健康の話
-健康に勝てるものはない。痩せたいからと無理するのは健康ではない。
-何でも適量が健康的にも精神的にもよい。無理は良くない。

・ストレスの話
-ストレスは悪いことだけでなく生活に程よい刺激を与えてくれるし、心にハリを持たせる。
-ストレス解消法は人それぞれで、自分にあった方法を見つけよう。溜め込むのは体に毒である。

・リラックスの話
-どんな時も急か急かせず、楽な気持ちを持つことで心にゆとりが出来る。
-心身ともにリラックスしよう。何事も小さいことから始めよう。一歩一歩極めよう。

・大変さの話
-楽で楽しい仕事なんて存在しない。どんな仕事でも大変さは違う。
-仕事に熱中し過ぎず、適度な休みがなければ心身ともに疲れてしまう。

・悩みの話
-落ち込んでいても仕方がない。考えるより行動に表すことが大事である。
-心配してもどうしようもないことは忘れよう。自分だけでなくみんな悩みがある。
-どうしようもない時こそ、初心に戻り、小さいことから始めよう。

・休息方法の話
-強がらないで、無理な時は少し自分を休めよう。自分が思っているより心身は疲れている。
-いつでも自分の心の支えとなる仲間を大切にしてお互い励まし合おう。

・気持ちの切り替えの話
-悪いことや納得いかないことを引きづらず、リセットした気持ちですっきりしよう。
-今がうまくいかなくても、この先は光があると楽天的に突き進もう。

・集中力の話
-たまには一人で考えるのも大切である。
-他人に依存しないで、他人がいなくても一人の時間を楽しめる人間になろう。

・中傷の話
-人を傷つけることは結局無駄になり、何も生み出さない。負の結果しか生まない。
-言い訳をなくすと後で後悔することが少なくなるし、なによりその場が楽しくなる。

・バランスの話
-自分の体調を気にせず人のために尽くすのはいいが、無理をし過ぎにならないように。
-不幸な出来事は逆に自分に喝を入れるためのエネルギーになる。

・絶望の話
-自殺の前には精神状態がおかしく、少し落ち着かせることができれば思い留まることがある。
-人生これで全て終わりということはない。いろんな角度で解決法を考えてみよう。

・平常心の話
-たとえ一大事でも落ち着いて平常心を取り戻そう。
-苦しい時には一呼吸し、気持ちを切り替えることで自分を落ち着かせる。

・趣味の話
-楽しいことに没頭することは大切である。楽しみの種を持って楽しいことを追求していこう。
-仕事と遊びのメリハリをつけよう。そうすることで人生に生きがいを感じる。

・異国の話
-郷に入れば現地のルールに従って謙虚に生活しよう。相手を尊敬しよう。
-どんな食べ物や体験でもためらわずチャレンジしよう。やらなかったことを後悔してもすでに遅い。

・旅の話
-旅の途中ではいろんな経験や出会いがある。今できることは大金を叩いてもやろう。
-自然は私達からしたらかなり壮大なもので、人間の世界なんて小さい物である。
-最高のお土産は流行やブランドではなく。相手を思いやる物や気持ちの籠った物である。

・新体験の話
-時には人を集めて感謝の気持ちを表すことがいい人間関係を築く。
-新しい場に行くと人との出会いが増える。自分から動き出そう。

・笑いの話
-日本の笑いの原点は落語で、昔の日本人はユーモアに溢れていた。現代人もユニークを取り戻そう。
-世界に日本の笑いを知らせるために日本人はもっと笑って生きよう。
-笑顔の分だけ幸せになれる。笑うことにマイナスの効果はない。

・時間の話
-何事も早くやればいいということではない。じっくり時間の流れに身を任せるのも悪くない。
-すぐに使える物は大抵すぐダメになる物が多い。時間をかけて大切に作っていくことが大事。

・シチュエーションの話
-昔、流行った物は多少形が変わるが、基本はあまり変わらず存在している。
-様々なシチュエーションによっていろんな面の自分を持とう。その方が人生を楽しめる。

・挑戦の話
-夢があるなら年齢のせいにして夢を諦めるな。気持ち次第でなんでもできる。
-どんな世界にも上には上がいる。

・継続力の話
-何事も続けることで慣れていく。環境に甘えず我慢強く続けていこう。
-あることを続けることで好きになっていくことがある。途中で投げ出してしまうのはもったいない。

・逆境の話
-逆境は成功への近道である。その逆境を越えれない人は成功しない。
-どんな時でも明るい希望を持とう。気持ちから行動につながる。

・偉人の話
-苦労して結果を出した人は見下したり偉ぶることはない。
-初めから偉かった人なんていない。陰で努力している。
-広い視野を持って物事を見る人が成功する。

・特技の話
-やってもできないことや不向きは人によって違う。何でも幅広く手をつけよう。
-誰にでも特技はある。あなたにあったものがきっとある。

・忍耐力の話
-最近の移動は便利になりすぎて人間を衰える原因になる。たまには自分の力で動こう。
-何をしたらいいかわからない人は自分のできないことを数えるのでなく出来ることを数えよう。
-目標を持ってそれに向かっていこう。周りがなんと言おうと関係ない。

・習慣の話
-昔の習慣は大人になっても続く。良い習慣を身につけよう。
-習慣を極めることで誇れる物を得ることができる。

・愛情の話
-親の気持ちだけで子供に期待し過ぎるのはよくない。子供は自分で才能を見つけるもの。
-過保護に面倒を見なくても強い子供はしっかり育つ。
-いくら時が経っても、子供の頃の親の愛情は忘れることはない。

・上下関係の話
-人を育てるとき、甘やかし過ぎるとダメになる。愛の鞭をためらうことはない。
-どんな状況でも年上や経験が上の人には敬意を示そう。
-大人は大人としての貫禄を持とう。言葉ではなく行動で語ろう。

・マンネリの話
-最近は完全主義の出来過ぎな子供が多い。たまには自分の独断考えも重要である。
-いつも同じ環境にいたり同じような人間といたら緊張感が不足して淡白な生活になってしまう。

・お金の話
-金で解決できることもあるが、無駄に金を払えばいいって事ではない。
-本来、人間は金持ちでも貧乏でも衣食住が足りれば十分に満足できた。
-自分で稼いだお金じゃないと自分は磨けない。自分磨きにはお金をケチることはない。

・ペースの話
-人と比べずに、自分を良く評価してあげることで悩みなんてなくなる。
-人と比べずに、黙々と努力すればいつか成功する。
-自分は自分のペースでいこう。無理に人に合わせるとできるものもできなくなる。

・向上心の話
-仕事のアイデア次第でお互いWinWinの関係を築ける。仕事の効率化につながる。
-いろんな経験の中で仕事の向上心が芽生えて大きな成功を手にすることができる。経験は大事である。
-下心がない、さりげないおもてなしはお客様を掴む。これにより客といい関係を築く。

・サプライズの話
-何事もサプライズがなければ飽きてしまう。
-人を驚かせる思い切った行動は人を感動させることもある。
-世間体に逆らったサプライズには相手に印象づける効果がある。

・人間の豊かさの話
-金がなくても豊かさはある。人は心の豊かさから幸せを感じる。
-ボランティアをした人は人間的に一回り大きくなる。
-お金は額に汗して手に入れるもの。苦労を避けていたら成功しない。

・生と死の話
-今の子は命に対しての意識が弱い。人の死の場を直接見せてあげることは重要である。
-死は哀しみと尊厳に満ちている。決して負のイメージのみではない。
-死者の前で泣いても仕方ない。愛する死者のために微笑もう。

0 件のコメント:

コメントを投稿